読み込み中

LOADING

時を超えて君を想う純愛譚、開幕。


“灰色の箱の中から外を見ているみたい”に

世界がつまらなく感じている少女・とわ。

だが、ある日不思議な青年・草介に出会ったことで世界が色づきだす。

今まで知らなかった感情や感覚に翻弄されるなか、

とわの身に信じがたい出来事が起こり−−!?

そして物語は、すべてのはじまりの時へと遡る−−!!


感情のない少年“うつぼ”、貴族の息子・光蔭、そして秘密を抱える少女・とわ。

3人の出会いから、1000年続く物語が始まる…。

CHARACTER

平安時代

  • 草介

    両親を亡くし、名前がなく感情が乏しいことから「空っぽ」の”うつほ”と呼ばれていた。久遠寺に預けられ、とわと光蔭と出会ったことで今まで感じなかった感情が芽生えていき、自らの名前を「草介」と定めた。

  • 光蔭

    貴族・藤堂家の息子として久遠寺に預けれる。 草介ととわと関わる中で、2人のことを本当に大切な存在に思うようになる。異母兄・景暁に虐げられており、強い恐怖心を持っている。

  • とわ

    久遠寺の尼僧・永妙の侍女。言葉を話すことができない。草介と光蔭に出会い、寺の外の世界に踏み出す勇気をもらう。彼女には人を癒すことができる不思議な力があり…!?

大正時代

  • 草介

    作家として「とわ」の前に現れる。彼女に「魂を返す」ことを目的としているようだが…?

  • 光蔭

    突如とわの前に現れ彼女を襲う。草介に強い執着を持っている様子で…?

  • とわ

    「灰色の箱の中から外を見ているみたい」に、世界がつまらなく感じていた。だが、草介と出会ったことで今までにない感覚や感情が生まれていき、”記憶”を取り戻しかけるが謎の男に殺されてしまう。

COMICS

  • 一巻

    感情のない少年“うつぼ”、貴族の息子・光蔭、そして秘密を抱える少女・とわ。3人の出会いから、1000年続く物語が始まる…。

    詳細はこちら

  • 二巻

    野犬の群れに襲われ、重傷を負った草介を助けるために駆けつけたとわと光蔭。草介の傷を不思議な力を使い癒やしたとわだが、その代償として命が削られ、ひどく衰弱してしまう。そしてかけがえのない友となった3人の関係は、成長とともに少しずつ変化していきーー?

    詳細はこちら

  • 三巻

    COMING SOON